今後の自動化計画

EXPRESSは、Eコマースのすべてのプロセスを自動化していきます。 すべてのプロセスをAPIで連結して、受注から出荷、入荷、マスタ更新、在庫管理、メール送信、決済などを自動化してきます。

自動出荷について相談する

近々のリリース計画

 楽天の全自動化を2017年10月にリリース予定です。
 Amazonの全自動化を2017年10月にリリース予定です。
 代引き自動精算システムを2017年10月にリリース予定です。
 日本郵便送り状自動印刷機能を2017年10月にリリース予定です。

リリース情報を入手


Eコマース自動化計画

EXPRESSは、Eコマースのすべてのプロセスを自動化していきます。
*現状、ネクストエンジンプランとCSV登録プランがご利用いただけます。

クラウドWMS「Air Logi」
100%
物流IOT端末「Chatman」
100%
ネクストエンジン 自動出荷
100%
楽天 自動出荷
90%
Yahoo!ショッピング自動出荷
50%
Amazon 自動出荷
60%
FBAマルチチャンネル自動出荷(自動切分け)
30%
ヤフオク自動出荷
0%
Eストア自動出荷
0%
Zaiko Robot自動連携
30%
NP後払い自動オーソリ・伝票印刷
0%
ヤマト後払い自動オーソリ・伝票印刷
0%
商品マスタ管理・多店舗在庫連携
50%
クロスモール自動出荷
0%
佐川急便伝票自動印刷
100%
ゆうパック伝票自動印刷
60%
ヤマト宅急便伝票自動印刷
30%
DM便伝票自動印刷
30%
EMS伝票自動印刷
10%
代引き自動精算システム
90%
自動発注システム
20%
受注ロボット
20%

EXPRESSが目指す自動化とは?

受注処理から納品書・送り状発行までの工程を自動化していきます。


EXPRESSで受注した注文は、自動的に納品書、送り状が印刷されます。これにより専門的な伝票発行業務は不要になります。
EXPRESS、FBA、3rd Partyのフルフィルメントセンターに自動的に出荷指示がだせるようにします。
2018年にはすべての工程を自動化していく計画です。
ネット通販物流、発送代行物流センター

ネット通販(EC)の発送代行を自動的に行うサービスがEXPRESS(エキスプレス)です。

楽天やアマゾン、ヤフーなどのモールから自動的に注文を取得して
物流・発送代行サービスを行うEXPRESS(エキスプレス)に自動的に出荷指示します。

出荷業務が完了すると上位システムの受注管理システムやモールに伝票番号が戻されて
出荷済ステータスに変更して発送通知メールを自動送信します。

物流倉庫の商品が納品されたら、入庫在庫値を自動的に戻します。

Eコマース、ネットショップのEC物流の革命がおこります。